Employee Health Insurance

中央建設国民健康保険

中央建設国民健康保険組合(中建国保)は全国建設労働組合総連合(全建総連)を母体組合とし、現在29都県に32支部が設置されています。

 

建築業に従事する組合員と家族の皆さんが約28万人加入しています。
中建国保は昭和45年8月1日、国民健康保険法13条に基づき、東京都の認可をうけ事業を開始しました。

 

安心ひろがる現金給付

償還金

70歳未満の組合員を対象に医療費の自己負担分が一つの病院で、1ヶ月17,500円を超えた時は、超えた額を償還金として支給します。
 ただし、加入後90日を経過した組合員が対象となります。

傷病手当金

組合員を対象に5日以上労務を休んだとき、入院・外来に関わらず、休業した1日目から、右表の額を支給します。
 ただし、加入後90日を経過した組合員が対象となります。
    種   別
   入  院   
 外  来
法人第1種組合員
 
 
 
 
 
   8,000円    
4,000円 
 
 
4,000
第1種組合員
第2種組合員
3,600円
法人第3種組合員
3,200円
 
 
3,200円
第3種組合員
第4種組合員
2,800円
第5種組合員
2,400円
第6種組合員
2,000円
 
出産育児一時金

 組合員(又は、扶養家族)が、出産したとき
 1子につき 420,000円
 

健康診断を受けたとき

 個人で受ける健康診査費用の補助
  年間 10,500円まで
 集団健診を受けた時の補助
  個人負担はないので補助金はありません
 

保養施設を利用したとき

 宿泊を伴う利用
 1人当たり 3.000円(年1回) 
 

葬祭費

 組合員が死亡したとき
 70,000円
  家族が死亡したとき  50,000円
 

インフルエンザ予防接種を受けたとき

 接種費用に関わらず、
  1人当たり 2,000円(年1回)
 

肺炎球菌の予防接種を受けたとき

 年度中に65歳、70歳、75歳の
 誕生日を迎える方
 接種費用に関わらず
  1人当たり 2,000円(年1回)

種別保険料